ルネスタ買うなら通販がお得!

ルネスタ買うなら通販がお得!

商品名 ソクナイト 2mg ハイプナイト 2mg エスゾピック 2mg フルナイト 2mg
ソクナイト ハイプナイト エスゾピック フルナイト
30錠 - - 2,380円 -
50錠 4,050円 4,280円 - 4,000円
60錠 - - 4,280円 -
90錠 - - 5,720円 -
100錠 7,290円 7,980円 - 7,600円
購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら

睡眠にお困りの方!

  • サプリメントを使ってみたけど効果がなかった…
  • 寝つきが悪くていろいろ試してみたけど寝れない…
  • 睡眠時間がしっかりと確保できない…

このようなお悩みをお持ちの方に朗報です。
睡眠薬はルネスタがオススメです。

ルネスタを使うことで睡眠を取ることができます。
ここでは、ルネスタとは?ルネスタを買うなら通販がお得であることについて詳しく説明していきたいと思います。

ルネスタとは

ルネスタは、超短時間型の睡眠薬です。
有効成分にはエスゾピクロンが含まれており、用法や用量をしっかりと守って使用することで、不眠症の改善に効果があります。

ルネスタの特徴

ルネスタの特徴は効果の効き始めが早いという点です。
即効性があるため、薬を飲んでから早く睡眠に入ることができます。
ルネスタは作用時間が短いですが、即効性があるため主に、入眠障害に効果があるとされています。

また、これまでにあった睡眠薬のアバモンの進化版とされており、アバモンにあった薬の苦みが抑えられています。
それ以外にも、睡眠薬で問題となりやすい依存性がなかったり、翌日に薬の効果が残ってしまうなどの点を解消したお薬になります。

≪入眠障害について詳しくはこちらから≫

ルネスタの効果

ルネスタの有効成分はエスゾピクロンです。
このエスゾピクロンは非ベンゾジアゼピン系の超短時間型の睡眠薬となります。

主な効果は、睡眠に関係するGABA受容体に作用することで効果を発揮します。
GABA受容体は脳内の中枢神経にあり、脳の活動を促しています。
エスゾピクロンは脳の活動を抑えることで睡眠を起こし、入眠へと導きます。
脳の機能自体を低下させることで睡眠を起こすのです。
寝つきが悪いなどの入眠障害に対して有効的です。

また、即効性があるため、薬を服用してから眠気が訪れるまでが早く、ある程度の予測を立てて薬を飲むことができます。
それに対して作用時間は短く、服用後5時間ほどで効果が切れます。
そのため、翌日に薬の効果が残りにくく、眠気やふらつきが起こりにくくなっています。

ルネスタの副作用

ルネスタには副作用があります。

  • 傾眠
  • 味覚異常
  • 頭痛
  • 浮動性めまい
  • 口渇
  • 不安
  • 注意力障害
  • うつ病
  • 口腔内不快感
  • 下痢
  • 便秘
  • 悪心
  • 倦怠感

上記に挙げているものはよくある副作用です。

これ以外にも重篤な副作用もあります。

  • ショック、アナフィラキシー
  • 依存性
  • 呼吸抑制
  • 肝機能障害
  • 精神症状、意識障害
  • 一過性前向性健忘、もうろう状態

これらの症状が起こった場合には服用を中止し、医師に相談するようにして下さい。

ルネスタの飲み方

ルネスタは、超短時間型となるため、服用してから30分~1時間ほどで効果が発揮されます。
そのため、就寝直前に服用するようにして下さい。

1回2mgを水かぬるま湯で服用して下さい。
症状によって用量を増減することができますが、成人の1回の最高用量は3mgとなります。
これを超えないようにして下さい。

重度な肝機能障害、腎機能障害のある方は、1回1mgを服用して下さい。
なお、服用の際には経過を観察しながら慎重に行ってください。

効果の持続時間が約5時間と言われているため、入眠障害の方に有効です。

初めてルネスタを飲むときに注意すること

初めてルネスタを服用する場合には、成人であっても1回1mgから始めるようにして下さい。
また、高齢者や腎機能障害、肝機能障害がある方も1回1mgを服用して下さい。

ルネスタは食事とアルコールの影響を受けやすいお薬です。
食事の場合には同時に服用する、食後に服用することで薬の効果を弱めてしまいます。
アルコールの場合には、副作用の発現リスクを高め、薬の効果を強くする恐れがあります。

ルネスタを服用した後に記憶障害を起こす場合もあります。
薬の作用によって、服用後の行動を覚えていないこともあるため、必ず就寝の直前に服用するようにして下さい。
服用後の翌日も薬の効果が残っている場合には、車の運転や危険が伴う作業などは注意するようにして下さい。

ルネスタを飲むことが出来ない人

ルネスタを飲むことができない人もいます。

  • ルネスタの有効成分エスゾピクロンまたはゾピクロンに対して過敏症の既往歴のある方
  • 重症筋無力症の方
  • 急性閉塞隅角緑内障の方

上記の方は使用できないので注意して下さい。

また、使用する際に注意が必要な人もいます。

  • 高齢者
  • 妊婦または妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 衰弱者
  • 心障害の方
  • 脳に器質的障害のある方
  • 肝機能障害または腎機能障害のある方

上記の方は使用上の有益が上回る場合に使用するようにして下さい。
また、副作用の発現や薬の作用など十分に観察しながら使用して下さい。

ルネスタの併用禁忌薬

ルネスタには併用禁忌薬はありません。
しかし、常用しているお薬がある場合にはルネスタを服用する前に医師に相談するようにして下さい。
また、お薬だけではなくサプリメントなどでも飲み合わせが悪い場合もあります。
相互に効果を増減させてしまう恐れもあるので、気を付けて下さい。

ルネスタの併用注意薬

ルネスタの併用禁忌薬には

  • 筋弛緩剤

筋肉の動きを弱くするお薬です。

  • 中枢神経抑制剤

脳の働きを低下させるお薬です。

  • アルコール
  • 麻酔薬

チアミラールナトリウム、チオペンタールナトリウムなどが含まれます。

  • リファンピシン

抗生物質の一つです。

  • イトラコナゾール

皮膚感染症や白癬などに使用されるお薬です。

これらのお薬を併用する場合には注意が必要となるので、医師に相談するようにして下さい。

ルネスタは入眠障害や中途覚醒にベスト

ルネスタはその効果の即効性から、入眠障害と中途覚醒に対しての効果が有効とされています。
では、入眠障害と中途覚醒とはどのような症状なのでしょうか?
ここからは睡眠障害について詳しく見ていきたいと思います。

入眠障害

入眠障害とは、寝つきが悪いことを指します。 もちろん、布団に入ってから眠るまでの時間に個人差がありますが、眠りにくくなったり、2時間以上も眠りに入れない場合には入眠障害であると言われています。

寝つきが悪くなることが原因となり、寝れないことから睡眠時間が不足してしまい、日中に眠気が起こってしまうなどの弊害が生じます。
また、寝れないことが不安となってしまうこともあります。
布団に入ったのに寝れない状態が続いてしまうと、その状態であることも苦痛となります。

入眠障害が起こることで、スムーズな入眠ができなくなります。

中途覚醒

中途覚醒では、寝ている途中で何度も目が覚めてしまう状態を指します。
中途覚醒といっても、騒音や空調の関係から寝苦しく何度も起きてしまうという一時的なものはあまり問題がありません。
しかし、環境などに問題がないが、何度も目が覚めてしまう場合には不眠症であると言えます。

基本的には寝ている最中に1度目覚めてしまうことは気にすることではなく、ほとんどの人がまた眠りにつくことができます、
しかし、目が覚めてもなかなか眠りにつけない、1晩で2回以上目が覚める、目が覚めてしまうことで精神的に焦りや苦痛を感じるなどする場合には中途覚醒の症状であると考えられます。

ルネスタのメリット

ルネスタを飲むことで得られるメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?
もちろん睡眠を確保することができる、睡眠障害を改善できるというメリットはありますが、これらが日常のどのような場面で有効となるのでしょうか。
ここからはルネスタを飲んで得られるメリットについて見ていきたいと思います。

朝スッキリ目覚めることが出来る

十分な睡眠時間を確保することや、睡眠時のストレスを軽減させることができるため、朝もスッキリ目覚めることができます。
朝に眠たいまま目が覚めてしまうと1日の始まりが重くなってしまいます。
睡眠時のストレスを減らし、朝スッキリと目覚めることができます。

仕事に集中できるようになる

夜にしっかりと睡眠を取るということは、日中の活動力のエネルギーを溜めているということです。
逆に夜しっかり睡眠を取ることができないと、日中に眠気が出てしまい、集中力も落ちてしまいます。

十分に睡眠を確保することで、日中の仕事にも集中できるようになります。
日中の眠気がなくなることで、集中力もアップし仕事もスムーズにこなせるようになります。
不眠症であると、夜の寝る時間にしっかりと寝ることができず、日中の活動に支障が出てしまいます。
不眠症を改善することで仕事も集中してできるようになります。

夜中に不安になることがない

ルネスタを飲むことで睡眠を確保することができるため、夜中に不安になることがなくなります。

不眠症の方の場合には、寝れないことが不安となってしまったり、その不安が原因でさらに寝れなくなってしまったり、ストレスとなってしまいます。
夜中に不安になってしまうと不眠症だけでなく、落ち込んでしまったり、急激なストレスが加わりうつ病になってしまう恐れもあります。
不眠症の方は、寝れないことが原因で睡眠の時間が苦痛になってしまうこともあります。
特に寝る前などは一人でいることも多いと思いますが、この時に不安を感じでしまうと孤独感などを強く感じてしまうこともあります。
また、人間にとって必要となる寝るという行為に対しての不安はできるだけ払拭しておくことが大切です。

ルネスタを飲むことでスムーズに睡眠に入れるため、寝ることに対しての不安を取り除くことができます。

肌トラブルが減る

女性が悩む肌トラブルの原因の一つには睡眠不足があります。
これは肌の再生が成長ホルモンによって行われていることが原因です。

成長ホルモンと言うのは、22時~2時の間に多く分泌されています。
この成長ホルモンが分泌されている間に睡眠を取ることで、肌の細胞分裂が起こり肌が再生されているのです。
しかし、睡眠不足であったり栄養バランスが崩れたりしてしまうとこの肌の再生が行われなくなり、肌トラブルとなってしまいます。

成長ホルモンが分泌される時間帯に寝ることも大事ですが、毎日同じ時間帯に、同じ時間だけ寝ることが肌トラブルを回避する方法です。
ルネスタを飲むことでしっかりと眠ることができるため、肌トラブルも防ぐことができます。

休日を有功に使える

夜に眠ることができない人は、休日の昼間まで寝て休みの日に寝だめしようとする人もいると思います。
しかし、実際には寝だめというのはすることができません。
ただその日に長く睡眠を取っただけという位置づけです。

理想は、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きることです。
仕事などがある平日は同じ時間に起きるということはできると思いますが、休日となると仕事がないからと昼間まで寝てしまうこともあるのではないでしょうか。
しかし、これが生活リズムを崩す原因となり、さらに寝ることができなくなります。
また、日中に寝ていることから休みの日に出かけたり、何かをすることがなくなってしまいます。

ルネスタを飲むことで休日の夜もしっかりと寝ることができ、休みの日を無駄にせず有効に使うことができます。

ルネスタを飲むデメリット

ルネスタを飲むことで睡眠を取ること以外にも、様々なメリットがあることが分かって頂けたと思います。
しかし、ルネスタにはデメリットも存在します。
ここからはルネスタを飲むデメリットについて見ていきたいと思います。

健忘による記憶障害

ルネスタを服用すると、健忘によって記憶障害が起こります。
寝る前の記憶が曖昧になってしまいます。

ルネスタは就寝の直前に服用するようにと言われているのはこのためです。
例えば、就寝の直前に飲み物を飲んだことを覚えていなかったり、誰かと会話したことを忘れている可能性もあります。
ここで気になることとしては、記憶がない時間帯の行動です。
本人の記憶にはありませんが、記憶がない時間帯の行動はいたって普通です。
会話も成立しますし、いつもと変わらない行動をとっています。
しかし、翌日起きてみると全く記憶にないということがあります。

健康な人でも寝る前の眠気がある際には記憶があいまいになってしまうこともあるので、あまり気にすることはないと思います。
しかし、記憶がない時には注意しなければならないこともありますので、気を付けて下さい。

用事をすませることが出来ない

薬を服用してたら用事を済ませることができないというデメリットもあります。
ルネスタは即効性があるため、服用してからの効果の現れが早くなっています。
すぐに眠くなるため、薬を飲んでから何かをしようとしてもできないのです。

上記でも書きましたが、ルネスタは就寝の直前に服用するようにと言われています。
できるだけ寝る前に用事をすべて済ませて、完全に寝れる状態になってから服用するようにして下さい。

毎日欠かさず行っていることでも、今日だけやるべきことでも基本的には終わらせておくようにして下さい。
薬を飲んでからは、健忘による記憶障害もあるため用事を済ませたかどうかもわからない状態になります。
布団に入れることを確認してから飲むようにして下さい。

薬に依存してしまうと、眠れなくなる

ルネスタは睡眠薬の中でも依存性が少ないお薬となっています。
しかし、依存性が少ないだけで全く依存しないというわけではありません。
麻薬のような依存性はありませんが、長期的に使用するものではありませんので注意して下さい。

また、睡眠薬での不眠症の治療期間はそこまで長期的なものではありません。
眠れるようにすることで、習慣付けをし、薬がなくても眠れるようにするためです。
用法や用量をしっかり守り、使用期間もきっちり守ることで依存性のリスクが減ります。

しかし、用法や用量などを守らないと、薬がないと眠れなくなるという状態に身体も心もなってしまいます。 もともと決まった期間での治療にとどめるようにして下さい。

ルネスタを購入する方法

ルネスタには2つの購入方法があります。

  • クリニックで処方してもらう
  • 個人輸入で購入する

この2つの方法となります。

では、実際にこの2つの購入方法にはどのようなメリットデメリットがあるのかを詳しく説明していきたいと思います。

クリニックなどで処方してもらう

クリニックで診察を受けることで、ルネスタを処方してもらうことができます。
しかし、睡眠薬は医師の診断の元、治療薬が決まることもあります。

クリニックで処方してもらうメリット

クリニックで処方してもらうメリットは

  • 自分に合ったものを選んでもらえる
  • 医師に相談できる
  • 安心して薬を使用できる

この3点であると思います。

まず、クリニックで医師の診察を受けることで、自分自身の不眠症のタイプを見極め自分に合った最適な薬を処方してもらえます。
また、用法や用量、服用方法や副作用などといった薬に対しての相談もできます。
特に初めて睡眠薬を飲む場合には、きちんと説明を受けておかなければ間違った服用方法をとってしまう可能性もあります。
医師の処方せんによって処方してもらえるお薬は、安心して使用できるという点もメリットの一つです。

クリニックで処方してもらうデメリット

クリニックで処方してもらうデメリットは

  • 時間がかかる
  • 医療費が高い

この2点です。

まず、不眠症の治療を行っているクリニックにいかなければなりません。
仕事の関係で時間が取れない人や近くのクリニックでは不眠症の治療を行っていないなどする場合には時間も手間もかかることになります。
クリニックは基本的に平日診療が多いため、仕事を休んで診察してもらわなければならないのです。
また、クリニックの場合には診察費と薬代がかかります。
初診であれば初診料もかかるためさらに医療費が加算されます。

通販で購入する

医薬品の個人輸入を行うことによって、通販でルネスタを購入することができます。
自宅で注文し、自宅に届くため簡単にルネスタを購入することができます。

通販で購入するメリット

通販で購入するメリットは

  • 価格が安い
  • クリニックに行く手間がかからない
  • 自宅に届く

この3点です。

まずは価格が安いということですが、個人輸入では処方せんが不必要であるため診察費が必要がなく薬代だけで済みます。
また、海外の医薬品は製造されている国の経済状況によって値段が変わってきます。
そのため、安く購入することもできるのです。
クリニックに行く手間がかからないというのも上記と同じような理由となります。
処方せんがいらないため、クリニックに行かなくても購入することができるのです。
最後に自宅に届くという点ですが、ネットで簡単に注文することができ、自宅に届くようにしておけば何もしなくても薬が届きます。

通販で購入するデメリット

通販で購入するデメリットには、届くまでの時間がかかるということが挙げられます。
個人輸入では海外の薬を輸入することになるので、発送も海外からとなります。
そのため、注文から手元に届くまでに1週間から2週間ほどかかってしまうこともあります。

通販するときの注意

個人輸入で通販するときの注意点がいくつか存在します。

  • 悪質な業者に気を付ける
  • 薬機法に基づいて個人輸入を行う

この2点です。

まず悪質な業者に気を付けるという点ですが、医薬品の個人輸入を行う場合には、ほとんどの人が個人輸入代行サイトを利用すると思います。
その際に悪質な代行サイトを利用しないようにして下さい。
個人輸入代行サイトでは、とても腰が重くなるような作業を代行して行ってくれているサイトです。
そのため、中には偽物を販売していたり、金額を支払ってもいつまでも商品を発送しないサイトも存在します。
サイトを見極めるためのチェックを行い、悪質なサイトを利用しないようにしましょう。

個人輸入には薬機法によってルールが決まっています。
個人が個人の使用の目的のためにのみ医薬品を輸入することができ、輸入規制がかかっている成分などもあります。
また、一度に輸入できる数も決まっています。
これらのルールを守って購入するようにして下さい。

楽天やアマゾンで購入することはできない

ルネスタは楽天やアマゾンなどの通販サイトでは購入することができません。
日本国内で販売されているルネスタは処方せん薬であるからです。

処方せん薬と言うのは、医師の診断の元処方されるお薬で、服用方法や用量などの指示が出るお薬です。
医師が確認をした上でのみ処方されるお薬となるため、通常の通販サイトでは購入することができないのです。

ルネスタを安心して購入できるサイト

ここでルネスタを安心して購入できるサイトをご紹介します。
お薬なびというサイトは安心して利用できる個人輸入代行サイトです。

他にも医薬品の個人輸入代行サイトはたくさんありますが、ほとんどのサイトで睡眠薬の取り扱いがなくなってきています。
しかし、お薬なびは今現在でも睡眠薬も販売されています。
いつでも販売しているため睡眠薬の購入に困ることがありません。

また、お薬なびは運営歴が長く、カスタマーサービスも充実しているため、非常にオススメできるサイトです。

通販で購入できるルネスタ・ジェネリック

ルネスタのジェネリックは通販を利用することで購入できます。
ルネスタ・ジェネリックは種類が豊富にあるので自身に合ったものを選ぶようにして下さい。

ソクナイト

ソクナイト
価格 50錠4,050円~
製造会社 レクメズ
ソクナイトはレクメズ社が製造しており、1錠64円から販売されています。
監修に日本人が関わっているため、日本人の体質に合ったお薬となるため、非常にオススメです。

ハイプナイト

ハイプナイト
価格 50錠 3,320円~
製造会社 Consern Pharma
ハイプナイトはConsern Pharma社が製造しており、1錠63円から販売されています。
用量によって錠剤の色が異なり、3種類の用量があります。

エスゾピック

エスゾピック
価格 30錠 2,380円~
製造会社 ロイドラボラトリーズ
エスゾピックはロイドラボトリーズ社が製造しており、1錠63円から販売されています。
2mgと3mgが販売されており、コストパフォーマンスに優れています。

フルナイト

フルナイト
価格 50錠 4,000円~
製造会社 サンファーマ
フルナイトはサンファーマ社が製造しており、1錠68円から販売されています。
2mgのみの販売ですが、錠剤を半分に割ることで1mgとして使用することができます。

TOP