ルネスタ買うなら通販がお得!

通販で購入できる睡眠薬とジェネリック

通販で購入できる睡眠薬には様々な種類があります。

  • ルネスタ
  • ロゼレム
  • セディール
  • ソナタ

など4種類ほどあります。

また、これらのお薬は先発薬となるため、ジェネリックも含めると多くのお薬があります。
ここでは通販で購入できる睡眠薬とジェネリックについて詳しく紹介していきたいと思います。

ルネスタ(エスゾピクロン)

ルネスタは超短時間型の睡眠薬で入眠障害などに効果があります。
アバモンの進化版で、即効性のあるお薬です。

ルネスタの特徴

ルネスタは効果の効き始めが早く即効性がありますが、作用時間が短いため入眠障害に対して有効です。

ルネスタの効果

ルネスタは有効成分にエスゾピクロンが含まれており、脳の活動を低下させることで入眠を導く効果があります。

ルネスタの副作用

ルネスタの主な副作用には、傾眠、味覚異常、頭痛、浮動性めまい、口渇、不安などがあり、重篤な副作用も存在します。

ルネスタの飲み方

ルネスタは超短時間型の睡眠薬となるため、効果が30分から1時間ほどで現れるため、就寝の直前に1回1mgを服用して下さい。

初めてルネスタを飲むときに注意すること

初めてルネスタを飲む場合には、成人であっても1回1mgから始めるよぬにして下さい。
また、食事やアルコールの影響を受けやすいお薬です。

ルネスタを飲むことが出来ない人

  • ルネスタの有効成分エスゾピクロンまたはゾピクロンに対して過敏症の既往歴のある方
  • 重症筋無力症の方
  • 急性閉塞隅角緑内障の方

ルネスタの併用禁忌薬

ルネスタには併用禁忌薬はありませんが、常用しているお薬がある場合には一度医師に相談するようにして下さい。

ルネスタの併用注意薬

  • 筋弛緩剤
  • 中枢神経抑制剤
  • アルコール
  • 麻酔薬
  • リファンピシン
  • イトラコナゾール

これらのお薬との併用は避けるようにして下さい。

ルネスタのジェネリック

ルネスタにはジェネリックがあります。
用量や価格が異なるため、自分に合ったお薬を選ぶようにして下さい。

ソクナイト

ソクナイトはレクメズ社が製造しており、1錠64円から販売されています。
監修に日本人が関わっているため、日本人の体質に合ったお薬となるため、非常にオススメです。

エスゾピック

エスゾピックはロイドラボトリーズ社が製造しており、1錠63円から販売されています。
2mgと3mgが販売されており、コストパフォーマンスに優れています。

フルナイト

フルナイトはサンファーマ社が製造しており、1錠68円から販売されています。
2mgのみの販売ですが、錠剤を半分に割ることで1mgとして使用することができます。

ロゼレム(ラメルテオン)

ロゼレムはメラトニン受容体作動薬で入眠困難な不眠症への治療薬として使用されているお薬です。

ロゼレムの特徴

ロゼレムは、中途覚醒や早朝覚醒、熟眠障害などのに非常に有効とされています。
ロゼレムには自然に睡眠に入れるように、徐々に眠気を強くする働きがあります。
また、睡眠と日中のリズムを整える効果が期待できるため、自然に眠りが起こるように調整します。
依存性が低く、長期的に服用していくことで不眠症の改善を図るため、ロゼレムを使用した治療の場合には長期にわたることもありますが、自然な形で睡眠へと導いてくれます。

ロゼレムの効果

ロゼレムの有効成分にはラメルテオンが含まれており、メラトニン受容体アゴニストの一つです。
入眠のリズムは、体内のホルモンのメラトニンが受容体に結合することで起こっており、ラメルテオンもこの作用と類似しています。

ラメルテオンがメラトニンに結合することで、体内時計の調整を行います。
この結果、夜に眠くなるようになり、自然な形での睡眠がとれるようになります。
自然に眠気が強くなることでスムーズに入眠することができます。

疲れ切ってそのまま寝てしまうような感覚になり、眠気が起こります。
薬の力で眠気を起こすというよりは、体内時計を調整する効果があるお薬です。

ロゼレムの副作用

ロゼレムの主な副作用には

  • めまい
  • 頭痛
  • 眠気
  • 発疹
  • 便秘
  • 悪心
  • 倦怠感
  • 悪夢
  • プロラクチン上昇

などがあります。

これらの副作用がまれに起こってしまう場合にはあまり気にする必要はありませんが、強く長く続くなどする場合には注意して下さい。
一度使用を中止し医師に相談するようにして下さい。

ロゼレムの飲み方

ロゼレムは就寝の直前に服用して下さい。
1回8mgを水かぬるま湯で服用して下さい。

ロゼレムは中途覚醒や早朝覚醒に対しての効果があるため、一時的な睡眠を取り、その後起床して行動をとる場合には服用しないで下さい。
しっかりと睡眠時間を確保して寝る場合にだけ服用するようにして下さい。

2週間の投与を目安とし、経過を観察し有効性が見られない場合には使用を中止して下さい。

初めてロゼレムを飲むときに注意すること

ロゼレムは食事やアルコールの影響を受けやすいお薬となります。
食事と同時に服用してしまうと効果が弱くなってしまいます。
食事直後も同様となりるため注意して下さい。
また、アルコールの場合には集中力、注意力、反射運動能力などの低下が予想されるため、避けるようにして下さい。

その他にも薬の効果が翌日になっても残っていることがあります。
眠気が抜けきれない場合には、車の運転や危険の伴う機械の操作などはしないようにして下さい。

ロゼレムを使用する場合には、生活習慣の改善を行いながら十分に経過を観察するようにして下さい。

ロゼレムを飲むことが出来ない人

  • ロゼレムの有効成分ラメルテオンに対して過敏症の既往歴のある方
  • 高度な肝機能障害のある方
  • フルボキサミンマレイン酸塩を投与中の方

上記の方はロゼレムを使用することができません。

  • 高齢者
  • 妊婦または妊娠の可能性のある方、授乳中の方

上記の方は使用上の有益が上回る場合にのみ使用するようにして下さい。

ロゼレムの併用禁忌薬

ロゼレムには併用禁忌薬が存在します。

  • フルボキサミンマレイン酸塩(ルボックス、デプロメール)

うつ病の治療に使用されるお薬です。

上記の薬を服用している場合にはロゼレムを使用することができません。
薬を変更するまたは治療を中止することで使用することができます。

ロゼレムの併用注意薬

ロゼレムには併用注意薬も存在します。

  • CYP1A2阻害剤(キノロン系抗菌薬など)

抗真菌薬などが含まれます。

  • CYP2C9阻害剤(フルコナゾール)

カンジダ症の治療薬に含まれます。

  • CYP3A4阻害剤(マクロライド系抗菌薬、ケトコナゾール)

白癬、カンジダ症などの治療薬に含まれます。

  • CYP誘導剤(リファンピシン)

結核や非結核性抗酸菌症などの治療薬に含まれます。

  • アルコール

セディール(タンドスピロン)

セディールは抗不安薬ですが、睡眠障害にも効果の期待できるお薬です。
うつ病の治療薬としても使用されていますが、不眠症に対しても十分に効果があります。

セディールの特徴

セディールは即効性のあるお薬です。
苦しい症状を緩和させるためには、素早く効くことが重要です。
また、一時的な症状を落ち着かせる、急な症状に対応できる、緩和を実感できるなどの特徴もあります。

不眠症は心がリラックスしていない状態で起こる場合が多く、睡眠前に不安になってしまうことで余計に寝れなくなってしまいます。
この症状を緩和することで、睡眠へと導く特徴があります。

セディールの効果

セディールの有効成分にはタンドスピロンが含まれており、アザピロン系のお薬です。
有効成分タンドスピロンは人間の脳の中に存在するセロトニン受容体に対して作用します。

人間の感情をコントロールするために神経系はセロトニン受容体に集まっています。
タンドスピロンが働きかけることで心も体もリラックス状態へと導きます。
睡眠を取る際にはリラックス状態であるとスムーズに寝付くことができるとされています。

タンドスピロンは耐性が付かず、他の睡眠薬と異なり長期での使用ができるようになっています。
また、抗不安作用や抗うつ作用などもあるため、うつ病の治療にも使用されているお薬です。

セディールの副作用

セディールの主な副作用には

  • 眠気
  • めまい
  • ふらつき
  • 頭痛
  • 動悸
  • 悪心
  • 食欲不振
  • 倦怠感
  • 気分不快
  • 目のかすみ

などが挙げられます。

重篤な副作用としては

  • 肝機能障害、黄疸
  • セロトニン症候群
  • 悪性症候群

が挙げられます。
重篤な副作用に関しては、症状がみられた際には使用を中止し、直ちに医師に相談して下さい。
十分な経過を観察しておくことで、重篤な副作用も初期の段階で処置することができます。

セディールの飲み方

セディールは1日3回、1日30mgを3回に分けて服用して下さい。
他の睡眠薬とは違い就寝の直前に服用する必要はありません。
しかし、効果が発揮されるまでに時間がかかるので注意して下さい。

1日の最大服用量は60mgとなりますが、年齢や症状によって服用量を調整して下さい。
また、注意していただきたいのが、1日で30mgとなるため、1回で30mgを服用しないようにして下さい。

初めてセディールを飲むときに注意すること

初めてセディールを飲むときには、少量から始めるようにして下さい。
睡眠障害改善の効果が発揮されるのは2週間から4週間ほどかかります。
そのため、服用を開始しても効果が現れないからといってすぐに高用量の60mgに変えるのではなく、徐々に増量するようにして下さい。

薬の服用中には眠気やめまいを起こすことがあるため、車の運転や危険を伴う機械操作は避けるようにして下さい。
高齢者の方でも使いやすいとされているお薬ですが、高齢者が使用する場合には十分に観察を行うようにして下さい。

セディールを飲むことが出来ない人

セディールには服用するにあたって注意しなければならない人がいます。

  • 脳に器質的障害のある方
  • 中等度または重篤な呼吸不全のある方
  • 心障害のある方
  • 肝障害、腎障害のある方
  • 高齢者
  • 脱水、栄養不良状態などを伴う身体的疲弊がある方

上記の方が使用する場合には十分な注意を払って使用して下さい。

セディールの併用禁忌薬

セディールには併用禁忌薬はありません。
しかし、普段から服用しているお薬がある場合には、セディールの服用を始める前に医師に相談するようにして下さい。

セディールの併用注意薬

セディールには併用注意薬が存在します。

  • ブチロフェノン系薬剤(ハロペリドール、ブロムペリドール、スピペロン)

統合失調症の治療薬に含まれています。

  • カルシウム拮抗剤(ニカルジピン、アムロジピン、ニフェジピン)

高血圧症、急性心不全、狭心症などの治療薬に含まれています。

  • セロトニン再取り込み阻害作用を有する薬剤(フルボキサミン、パロキセチン、ミルナシプラン、トラゾドン)

うつ病、パニック障害、外傷後ストレス障害などの治療薬に含まれています。

ソナタ(ザレプロン)

ソナタは超短時間型の睡眠薬で、睡眠障害の改善以外にもリラックス効果があるとして、抗不安薬としても使用されています。

ソナタの特徴

ソナタは超短時間型の睡眠薬となるため、効果が効き始める時間が早く即効性があります。
入眠障害や中途覚醒に非常に有効的ですが、効果の作用時間は短くなっているため早朝覚醒の症状には効果が期待できません。

効果の作用時間が短いことから、翌日に薬の効果が残ることがなく、副作用も少ないとされています。
日本国内では処方されていないお薬ですが、海外では処方せん薬として販売れており、抗不安薬としての効果もあります。

ソナタの効果

ソナタの有効成分にはザレプロンが含まれており、非ベンゾジアゼピン系のお薬です。
ザレプロンは中枢神経系にある、神経伝達物質のGABA受容体に作用することで効果を発揮します。
脳の活動を低下させることでスムーズな睡眠へと導きます。
比較的穏やかに効果があるお薬となるため、催眠作用からゆっくりと入眠できます。

効果が穏やかとなる分、副作用も現れにくくなっています。

ソナタの副作用

ソナタの主な副作用には

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 眠気

などが挙げられます。

重篤な副作用には

  • ショック、アナフィラキシー
  • 呼吸抑制
  • 肝機能障害
  • 依存性
  • 精神症状
  • 意識障害
  • 一過性前向性健忘

などが挙げられます。

重篤な副作用の症状が現れた場合には、使用を中止し医師に相談するようにして下さい。

ソナタの飲み方

ソナタは就寝の直前に1回10mgを服用して下さい。
超短時間型の睡眠薬のため、服用から効果が現れるまでの時間が短くなっています。
必ず布団に入れる状態で服用して下さい。

服用後30分~1時間で効果が発揮されます。
また、入眠障害や中途覚醒の方に対して効果のあるお薬ですが、早朝覚醒には効果が期待できません。

症状によって用量を増減することもできますが、いきなり高用量にするのではなく徐々に用量を上げるようにして下さい。

初めてソナタを飲むときに注意すること

初めてソナタを服用する方は10mgから始めるようにして下さい。
高齢者の方は慢性的な使用ができません。
短期的な使用に留まるようにして下さい。

また、ソナタは食事とアルコールの影響を受けるお薬です。
食事と同時又は、食事の直後に服用してしまうと十分に効果が発揮されませんので、注意して下さい。
アルコールとの併用では、効果を強めてしまうこともあるため、服用する前のアルコールは避けるようにして下さい。

ソナタの服用後に記憶障害が起こることがあります。
これは薬が効き始めたことで、日常の行動の記憶がなくなってしまうためです。
あまり心配する必要はありませんが、できるだけ服用前に用事を済ませておくようにして下さい。

ソナタの服用後の翌日に眠気などが残っている場合には、車の運転や危険を伴う作業などを行わないで下さい。

ソナタを飲むことが出来ない人

  • ソナタの有効成分ザレプロンに対して過敏症の既往歴のある方
  • 重症筋無力症の方
  • 急性閉塞隅角緑内障の方
  • 肺性心、肺気腫、喘息又は脳血管障害などが急性期にあり呼吸機能が低下している方

上記の方はソナタを使用することができません。

  • 高齢者
  • 妊婦又は妊娠の可能性のある方、授乳中の方

上記の方は使用する際に注意が必要な方となります。

ソナタの併用禁忌薬

ソナタには併用禁忌薬がありません。
しかし、持病により薬を服用している方は、使用する前に医師に相談するようにして下さい。

ソナタの併用注意薬

ソナタには併用注意薬があります。

  • 筋弛緩剤

筋肉の動きを弱くするお薬です。

  • 中枢神経抑制剤

脳の働きを低下させるお薬です。

  • スキサメトニウム塩化物水和物

麻酔時に筋肉の動きを低下させるお薬です。

  • ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物、パンクロニウム臭化物

神経筋を遮断するお薬です。

  • 麻酔薬

チアミラールナトリウム、チオペンタールナトリウムなどが含まれます。

  • CYP3A4阻害剤

抗うつ薬や抗真菌薬、免疫抑制剤などのお薬です。

ソナタのジェネリック

ソナタにはジェネリックがあります。
ジェネリックを選択することによってソナタよりも価格を抑えて使用することができます。

ハイプロン

ハイプロンはConsern Pharma社が製造しており、1錠40円から販売されています。
10mgがあり、オレンジと黒のカプセル錠となっています。

まとめ

睡眠薬といってもたくさんの種類があることがお分かりいただけたでしょうか?
また、それぞれのお薬には特徴があり、不眠症のタイプによって治療薬を選択する必要があります。

多くの睡眠薬を紹介してきましたが、ルネスタが一番使いやすいと思います。
ジェネリックなどもあり、その中でもソクナイトはオススメの睡眠薬です。
価格も抑えることができ、ルネスタ同様の効果を発揮してくれるソクナイトは寝つきが悪い時に非常に助かります。

TOP